大安建設の家づくり:真心込めた家づくり

ホーム > 大安建設の家づくり:真心込めた家づくり

1棟完成までについて公的機関による三回の検査に合格!

地盤調査 → 地盤改良

パイル打設

パイル打設

躯体を支えるには強靭な基礎が必要です。
一現場ごとの地盤調査に基づき、パイル打設による地盤改良を行います。

パイル打設(杭径:250mm・杭厚:60mm・10本)

基礎配筋 → 配筋検査

250mm間隔

250mm間隔

基礎高430mm

基礎高430mm

基礎配筋

基礎配筋

高耐久担当検査員による配筋検査

配筋検査

「住宅金融支援機構」基準の鉄筋サイズ、間隔を使用しています(250mm間隔・基礎高430mm)。基礎配筋が終了すると、瑕疵担保責任保険第1次検査(配筋検査)を実施します。

生コン打設 → ベタ基礎完成

自社ポンプ車によるコンクリート打設

自社ポンプ車によるコンクリート打設

不同沈下を防ぐ『ベタ基礎工法』

不同沈下を防ぐ『ベタ基礎工法』

不同沈下を防ぐベタ基礎工法により、
耐震性能を向上させます。

土台伏せ

土台パッキン

土台パッキン工法

土台パッキン工法により、基礎と土台を縁切りすることで、床下を効率よく換気して湿気を防ぎ、土台の腐朽を防止し、耐久性をアップします。

建前

建前

建前

構造用集成材

ベタ基礎の上に土台を置き、その上に柱を建てていきます。垂直に立ったその柱に梁を組み込んで骨組みを作っていきます。筋交いで補強し、地震、台風などの横からの力で骨組みが変形するのを防ぎます。また、使用木材は天然木に対し1.5倍以上の強度を持つ構造用集成材を使用しています。

ルーフィング・瓦伏せ

ルーフィング

瓦伏せ

二重構造のルーフィングで雨漏れを防ぎ、
防水性、安全性に優れたストレート葺きフラットタイプ瓦を伏せます。

白蟻駆除

防蟻処理

防蟻処理

白蟻防除工事保証書

白蟻防除工事保証書

土台下端から1m以下の部分に対して
防アリ防除工事を行います。

造作

鋼製束

銅製束

小屋根組み

小屋組み

金物補強

金物補強

耐久性が高く、メンテナンスも容易な鋼製束を使用し、床の音なりを防止します。筋交いの入った強固な小屋根組みは、屋根のブレを防ぎ、しっかりと屋根を支えます。柱と土台、横梁材の接合柱の接合がずれないように固定する耐震ニートや、柱や土台や架材に接合する角金物、さらに建物の揺れに応じて自動的に増し締めする耐震ナットなどを施します。

バルコニー防水

FRP防水

FRP防水

防水施工保証書

防水施工保証書

バルコニーには、強度と表面積硬度を持つ、
FRP防水塗膜を施します。

躯体検査

躯体検査

瑕疵担保責任保険第2次検査(躯体検査)を実施します。
点検項目:床下・土台・柱・耐力壁・横架材・床組・小屋組・屋根防水・バルコニー防水 他

断熱

断熱材

断熱材

断熱材

床・天井・壁に
断熱材(100mm厚)を入れます。

外壁

外壁

外壁

外壁

透湿・防水シートを施します。
高い防水性能をもたせており、強度にも優れています。

クロス

クロス

クロス

シックハウスにきちんと対応したF★★★★製品を用いて
クロス貼りを実施しています。

外構 → 完成 → 完了検査

完成

検査済証

岐阜住宅センター検査員による完了検査を実施します。
引越し日より安心して暮らしていただけます。

メンテナンス部

「引渡し後の対応ってどうなのかしら?」
「引渡し後入居して新しい生活が始まる。でも何かあったらどうすればいいの?」
「一戸建ては一生涯の物だし・・・その後の対応はどうなっているのかしら?」と誰もが不安に思うトコロです。

「ご安心ください」メンテナンス部が対応いたします。

地域密着型の大安建設だから迅速に対応させていただきます。

メンテナンス部による安心アフターフォロー

メンテナンス部による安心アフターフォロー

 

ご入居後も安心してお住まいいただけるよう、専門の訓練を受けた技師がきめ細かいアフターフォローを行います。当社は、ご入居してからが本当のお付き合いと考え、よりよい住まいのご相談から不具合の修理まで、一手にお引き受けします。器具等の取り扱いの疑問や、建具の調整、基本的な補修工事など、即座に対応させていただきます。
大安建設は、永く安心な暮らしをお約束します。

ページの先頭へ